« オーストラリアでのジョブトライアル | トップページ | 卒業しました »

2010年11月28日 (日)

移民法改正 そして卒業

さて、またまた数週間ぶりのブログ更新です。

なんせ、ものすごい多忙を極めており、ひどいときは、朝の6時半から働き、学校を含め、帰宅が1時なんてこともあります。その為最近ブログ更新ができません。

そんな中、夏に一直線のシドニーで、相変わらず、風と波のコンディションを確認しては、さーと、一時間程波乗りに行く私です。。。。おかげですっかりウェットスーツ焼けしてしまい、土方君のようになってしまいました。笑

今週は、久しぶりの土日休みで、昨日は昼寝に没頭し、夕方に、ボンダイビーチのイタリアンで食事し、久々にリラックス。本日は、ドイツ人の友人と、買い物がてら、ボンダイジャンクションへ。その後、フェア・ゲームという政治映画を見てきました。うーん。やっぱし、ジョージブッシュは、戦犯ですね。ってな話をずーっと二人で語って帰ってきました。日本でどのようなタイトルで上映されるのかわからないのですが、ナオミ・ワッツと、ショーンペーンの映画で、よく出来ていました。要は、イラクにはホンとは大量兵器などなかった、それを知った上で、アメリカは、証拠を工作し、戦争に至った というホンとのストーリーなのですけど。北朝鮮と、韓国の現情勢を思うと、考えさせられるものがあります。最近Yahooニュースのコメントで、皆が書いているコメントを見るのですが、残念ながら、びっくりするほど、視野が狭く、他人事のいい加減なコメントが多いのを見て、正直、日本人の世界政治への興味の低さを感じさせられ、ああ、日本て本当に馬鹿平和な国だな。とがっかりすることが多いです。 申し訳ないですが。。。

さて、そんなはなしは横に置き、木曜で卒業することになりました。

水曜にファイナルの試験があり、ようやく終了。

その後?はどうしましょうか。まだ考えていません。来週、再来週あたり、弁護士に話しにいくつもりですが、12月はどうも、イベントが多く、クリスマス、コンサート、旅行などなど、仕事の量も増えるので、後々考える予定です。卒業生ビザの申請の準備だけしています。

数週間前に、法律が又変わったので。。。もうよくわかりません。

ここまでころころ変わると、正直ついていけず、更に又変わるといわれているので、正直お手上げ状態です。笑

興味がある方に最新情報を下記にのっけておきます。。。

● 技能点(40・50・60点)の廃止
● 年齢点が、若さより働き盛りの年齢層を反映
● IELTS全6.0の英語点は廃止。(基本英語要件は変らすIELTS全6.0)IELTS全8.0(Superior English)の追加
● オーストラリアの職歴点、海外の職歴点の大幅変更、職歴の長さに比例し加点
● 学歴点各種の追加(特に、博士号、学士号は国内外に関わらず得点可能)

下記、ポイントテストの概要になります。(
変更点は青字

新 一般技術移住ビザ ポイントテスト [2011年7月1日 施行予定]
各項目の配点[パスマーク65点 予定

■  技能要件 (技能点の廃止)

技能職 業リストに記載のある職業であること 
[ビザ申請の際の基本要件です。]
技能現在の技能職業リストに関しましては、こ ちらからお確かめ下さい。
0点

(1) 年齢点

18~24歳 25点
24~32歳 30点
33~39歳 25点
40~44歳 15点
45~49歳 0点

(2) 英語点(IELTSスコアー)

IELTS全4セクション6.0pts以上取得 (Competent English) 
[IELTS全セクション6.0ptsは’ビザ申請の際の基本要件です。]
0点
IELTS全4セクション7.0pts以上取得 (Proficient English) 10点
IELTS全4セクション 8.0pts以上取得 (Superior English) 20点

(3) オーストラリアの職歴点

申請日から遡って2年の内1年以上オーストラリア国内で、申請職 種での職歴がある場合 5点
申請日から遡って5年の内3 年以上オーストラリア国内で、申請職種での職歴がある場合 10点
申請日から遡って7年の内5 年以上オーストラリア国内で、申請職種での職歴がある場合 15点

(4) 海外での職歴点

申請日から遡って5年の内3年以上オーストラリア国外で、申請職 種での職歴がある場合 5点
申請日から遡って7年の内5 年以上オーストラリア国外で、申請職種での職歴がある場合 10点
申請日から遡って10年の内 8年以上オーストラリア国外で、申請職種での職歴がある場合 15点

(5) 学歴点

オーストラリアの教育機関(※1)、もし くは海外の教育機関からのPhD(博士号)を保持 20点
オーストラリアの教育機関(※1)、もしくは海外の教育機関からの 学士号(Bachelor Degree)、もしくは、Bachelor +MasterまたはHonours degree(Division1)を保持 15点
オーストラリアの教育機関からDiploma以上またはTrade qualification (Certificate III or IV)の学位を取得した場合 10点
海外でApprenticeship(見習い徒弟訓練)(※2)を 修了していた場合 10点
※1 CRICOS登録で2学年分以上(92週)以上 のコースで、豪州国内で就学してい た場合のみ得点可能
※2認定されている Apprenticeshipのみ


(6) オーストラリアの留学点
オース トラリアに2学年分以上フルタイムで留学していた場合(上記※2) 5点

(7) 
プロフェッショナルイヤー点
12ヶ月以上移民省認定のプロフェッショナルイヤー(※3)を終 了していること。 5点
※ 3 一部の職種に提供されている、移民省認定のトレーニングコース

(8) 地方/低人口増加地域点
リスト にある地域・教育機関に、2年以上居住・留学していたことを証明できる場合 5点

(9) 
配偶者の技能点
配偶者が技能・年齢・英語で、申請者と同じく基本 要件をクリアしている場合 5点

(10) 
ボーナス点
オーストラリア社会の言語(英語以外)に流暢である場合。(NAATIのプロフェッショナルレベル(Level 3)を取得している場合のみ得点可能。日本からの学士号を保持しているだけでは、得点可能ではなくなりました。) 5点

(11) 
スポンサー点
州スポンサーを得られた場合 5点
地方指定を受けている区域の親族がスポンサーとなった場合(SRSビザのみ) 10点
地方州スポンサーを得られた場合(SRSビザのみ) 10点

また、今回のポイントテスト変更に伴い、一般技術移住ビザに関して下記の改正も予定さ れております。
※ 45~49歳層を新たに追加(年齢点は得点できませんが、ビザ申請可能となり ました。)
※ パスマークは65点に改正予定。(スポ ンサービザと独立ビザの区別なく、パスマークは65点。)
※ オーストラリア社会言語ボーナスポイント(5点)が、NAATI保持している場合の み、得点可能。
  (日本の学士号を保持している場合では得点できなくなりました。)
※ 親族スポンサーによる永住ビザ申請廃止。SRS ビザのみ親族スポンサー付で得点可能。
  (s176ビザ・s886ビザの場合、州スポンサーのみとなり、親族スポンサーはでき ません。)
  州スポンサー付であれば、永住(s176、 s886ビザ)、暫定(SRSビザ)のどちらでも申請可能。
あーとにかく、最近はほんとに政府の移民政策の指針のない、変更の多さに(オーストラリアのガバメントは自国民が認めるほど馬鹿です。)嫌気がさし、考えるのを相変わらずストップしています。てなわけで、クリスマスシーズン。。。マーティンプレースのツリーが今年も復活しました。 写真で楽しんでください。ハッピーサマークリスマス!
1

« オーストラリアでのジョブトライアル | トップページ | 卒業しました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます。
ありがとうございます。

以前こちらのサイトを活用させていただいたことがあります。
こちらこそ、ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移民法改正 そして卒業:

« オーストラリアでのジョブトライアル | トップページ | 卒業しました »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

紹介リンク

  • ひねもす、のったのた♪

  • とーっても鳥好きなおじちゃんの本格的な野鳥写真紹介ブログ

  • サンフランシスコ在住のいもうとちゃんのブログです。

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ