« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の2件の記事

2010年10月19日 (火)

オーストラリアでのジョブトライアル

ここオーストラリアでは、基本的に、レストラン、キッチンでは、トライアルがあります。

面接にOKがでると、じゃあ1日来てみて、 といわれ、数時間トライアルのチャンスを与えられます。給料をもらえる場合と、もらえない場合があるのですが、既に経験を求めるこの国での職場では、トライアルは、重要なものになります。

この国では、仕事をつかむのが本当に厳しいため、新しいレストランのポジション募集がでると、行列ができるところがあるほどです。実際に、私の友人が、申し込みに行ったところ、並んだ列ができており、何?ときくと、皆履歴書と面接にきたとのこと・・・・

厳しいですね。本当に。

さて、調理業界も同じで、トライアルがあります。私の働く職場にも、何人もトライアルに来ますが、経験のない人は、ほぼ落とされます。。。。

元クラスメートの韓国人の友人に仕事を紹介し、二回トライアルに来た挙句、私のボスは雇わないことを決めました。そのため、彼女は、ものすごく感情的になり、泣き出しました。。。ボスいわく、She is not strong enough ・・・・つまり、十分じゃない。ってことです。その為、イタリアンで働く元同僚のシェフに仕事紹介を頼んだところ、現在人を探していて、ぜひ、お願いしたいとのこと。韓国人の友人に電話をすると、電話にもでてくれません。

来たメールが・・・・”ありがとう、でも私の運命は、キッチンで働けないという運命だと思う。だから、今は平穏でいたいし、誰とも話せる状態じゃないの。”

私も同じ道をずーっとたどってきたし、とてもわかるのですが、ひとつだけいえることは、この国で、自分の面倒を見てくれる人は、自分以外だれもいないのです。あきらめたら、そこで終わり。私や友人はあくまでも手を差し伸べ、チャンスを渡せるだけ。私は、友人からチャンスをもらい、そして仕事を手にした。それはすごく感謝してます。だけど、あの時、落ち込んで、面接にも行かなかったら、この今の仕事はない。たとえバイトだって、仕事あるだけましだって、ほんとに思います。

さっき、ボスに電話して、’なんで、私の友人雇わなかったの???理由がしりたい!’と聞いたところ、’ガッツがない’とのこと。

そう。・・・・・彼女ガッツがない。。。

彼女は、半年前に学校を辞めました。理由は、金銭的にきつく、彼がオーストラリア人のため、ディファクト(同棲ビザ)を申請し、永住権を取得するので、学校は、永住権取得後、授業料が安くなってからいくとのこと。もちろん、家賃も彼が支払っています。

しかし、同棲を始めてから、問題が山済み。彼が、食事を作らない、つまらない、外交的ではない もろもろ・・・会うたびに 私の人生は、なんでこんなんなんだろう・・・あー。 というのが、彼女の口癖でした。そのたびに自立しなきゃだめだよ と言ってきたけど、私以外の友人は、皆彼女の元をさっていった・・・・ なぜなら彼女は何もアドバイスをきかない!既に1年以上同じ問題を聞いています。。。

やっぱり自分の人生の建て直しは自分にしか最終的にできないんだよね。。。

少し悲しい思いです。

さて、先ほど電話が鳴り、話すとインドネシア人の同僚から・・・・

前回のブログでも書きましたが、5人いたシェフの3人がやめ、私と、インドネシア人のシェフがキッチンを支えていました。 が・・・・・・・・・ヘッドシェフが、彼を首にしました。。。

このインドネシア人の彼は、私が仕事を教えたのですが、1ヶ月ほど前に入ってきて、仕事の覚えが非常におそかったことと、仕事に対してモチベーションがなかったため、しばし、問題になっていました。それでも、他のシェフ3人がやめてしまい、私には、彼は重要でした。1週間前に、2人新顔が入ってきて、まだ彼らは、仕事を覚え中。ドイツ人と、韓国人ですが、まだまだ一人立ちはできません。そんな中、また一人首・・・・・・・・

厳しいですね。ほんと。私も気をつけないと。。。。。。。

最も私は、ウェイトレスと、フロアーマネージャーの愛情で救われてるのかもしれません・・・

2010年10月13日 (水)

ボンダイライフ

本当に久々のブログ更新です。

もう見てる人いないんじゃないの?ってくらいご無沙汰してます。。。

最近本当に忙しすぎて、書いている時間がありませんでした。同時に今充実しています。

海の側に引っ越してきてからほぼ一ヶ月。フラットメートとも楽しくやっており、年齢も感覚もあうため、様々な話をしながら、ポーランド人のカップルと生活しています。

彼らは大人なため、いろんな話ができます。ある種、感覚が非常に似ていて、私が相手に気を使う分、彼らも気を使ってくれます。でもその使い方が、大げさでもなく、非常に程よい感じです。

そして何よりも大きなのが、部屋から海を眺められること。そして徒歩5分でビーチまでいけること。ベランダから見るBondiの夜景、海のしぶき、流れ。本当に大好きです。なぜ今までここに越してこなかったのか、と疑問に思うほどです。やはり、私には、海をはずしては、生活ができないことを、心のそこから感じます。

さて、学校もあと残り8週間となりました。

実は全く何も考えていません。この先どうするか、全く未定です。

バイトがいまや安定し、最終的に、就職先を考えずとも、しばらくは生活していけるので、卒業生ビザのみ申請し、年末までに考えることにしています。

Guylian.カフェでの仕事も、いまやすっかり、すべての仕事を覚え、教えるまでになりました。。。といっても、5人いたシェフが3人やめてしまい、いまや、私が一番の古株に。。。。

マネージャーや、職場のすべてのメンバーと、仲良くやっており、個人的にも出かけるので、私の環境は本当にインターナショナルになってしまいました。ジャパレスで働いていた頃は、本当に日本環境だったので、今や英語ばかり話しています。(まあ、もっとも当たり前のことですが。)

ホテルでの仕事も、日本人の勤勉さを買われ、すべて希望道りにシフトもいれてもらっているので、体力的には厳しいですが、充実しています。

この数ヶ月、知らなかった自分を発見し、今までになかった感情を見つけ、そして、幸せの意味をはじめて知った気がします。

こんなことブログで書くのは変なのかもしれないけど、人生にはいろんなことがあって、色々な人がいて、いろんな思いがある。毎日晴ればっかじゃないけど、どう思うかで、幸せの意義が変わってくる。そして、すべてが悲痛に思えたときは、時には心から逃げてもよく、すべてを考えないことも重要なんだと思います。時に、答えは時間が解決してくれることもある。

なんだか、人生がいとしく思えることがあります。

私の友達がくれた ”ハッピーバンブー”が今日も窓から、海を眺めてます。

Bamboo_2

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

紹介リンク

  • ひねもす、のったのた♪

  • とーっても鳥好きなおじちゃんの本格的な野鳥写真紹介ブログ

  • サンフランシスコ在住のいもうとちゃんのブログです。

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ